デリケートゾーンのかゆみとおりものの量、臭いに悩む30代女性の体験談を紹介します。

 

痒みとおりものの量、臭いがスゴイです

日常的にデリケートゾーンのかゆみがあります。

かゆいときはかくことはもちろん出来ないので、もぞもぞとしてしまいます。

かける場所や状況だとしても、デリケートな部分なのでガシガシかくわけにいかず悩んでいます。

 

またおりものの量が多く、おりものシートが無ければパンツを1日でダメにしそうなくらいの量です。

それにともない、においも気になっております。

シャワーを浴びないでの性交はあり得ないし、シャワーを浴びても恥ずかしいです。

 

どんな対策をした?

おりものシートは常日頃から持ち歩いています。

これがなくてパンツを履くのは考えられません。

 

おりものシートを持ち歩くようになってからはパンツを汚すことが無くなり、悩みはしばらく改善されます。

おりものシートは簡単にまとめられて汚物入れやゴミ箱に捨てられるので、何の手間もありません。

 

またにおいに関しては、デリケートゾーン向けの石鹸を使うようにしました。

少し改善された気がします。

 

その対策のメリットは?

下着が長持ちしました。

おりものシートが無くては、すぐに染みが出来てしまい、捨てるようになってしまっていました。

シート自体はコンパクトでかさばらないので、持ち運びには苦労しません。

可燃物で捨てることが出来るので、処理も楽で大変助かっております。

 

またデリケートゾーン向けの石鹸を使うようになり、気になっていたにおいも少し改善されました。

殺菌成分が入っているのと、うるおい成分が入っているので、痒みも軽くなった気がします。

 

その対策のデメリットは?

おりものシートを持参し忘れたときは、とても悲惨です。

外出先で忘れたのに気がついた場合は、購入して使うほどです。

また、オシャレで少しセクシーな下着も履きたいときはありますが、それにシートがつかない時もありますので、いつも諦めていて残念な気持ちになります。

 

また石鹸はとても高価というわけではありませんが、それなりにコストがかかります。

ストックをしておくほどではありませんが、無くなりそうになれば買い、また使うの繰り返しです。

 

インナーブランの口コミは効果なしが多い?デリケートゾーンの臭いは消えないの?