中学時代からデリケートゾーンの痒みに悩んでいた女性の体験談

中学生のころからデリケートゾーンのかゆみに悩まされていました。

初めは陰毛のVゾーン下の方だけが痒かったのですが、範囲は徐々に広がり下へ下へと広がっていきました。

今では全体的に痒く、穴の中にまで進行しており怖いです。

 

痒くてかいていた刺激のせいか処女だった頃から少し黒ずんでおりコンプレックスで皮膚も象の肌のように少し固くなっています。

そのせいで少し性行為に抵抗があります。

痒いだけでなく薄皮のようなものが剥けたりもします。

かいたところが白くなり小さい皮(フケのようなもの)がポロポロと落ちるのも嫌です。

アソコの痒みへの対策は?

私が行った対策は以下の3つです。

 

  • 産婦人科で診てもらう
  • ボディーソープではなく水洗いに変える
  • フェミニーナ軟膏を使う

 

もう少し詳しく説明しますね。

産婦人科で診てもらう

痒くなりはじめたころは処女だったので性病はないと思いつつも診てもらいました。

実状を説明して実際に見てもらいましたが、結果は「異常なし」でした。

一応軟膏を処方してもらい、しばらくはそれを使っていましたが全く効果はありませんでした。

ボディーソープではなく水洗いに変える

ボディーソープは必要な皮脂まで流してしまうと考え、水洗いに変えました。

実際乾燥は抑えられたような気がします。

が、痒みは収まりませんでした。

フェミニーナ軟膏を使う

一時的に痒みが収まりますが完治するわけではないです。

 

対策のメリットは?

産婦人科に診てもらえば安心はできます。

性器の痒みは性病の疑いもありますし、性器ヘルペスや性器の水虫という可能性もあります。

私は水虫を心配していましたが、産婦人科で診てもらうことで水虫も発症していないことがわかりました。

 

ボディーソープの不使用は先程記載した通りで、乾燥はある程度防げるのが利点です。

水洗いだと匂いを心配される方もいらっしゃるかと思いますが、彼と性器の匂いについて話した時に「臭いと思ったこと1度もない」と言われたので恐らく大丈夫です(個人差はあるかもしれません)。

 

フェミニーナ軟膏は一時的に痒みが収まるので、どうしようもなく痒くて仕方ない時は使うとスッキリします。

本当にスッと収まります。

最初はベタベタするのが嫌だなぁと思っていましたが、使ってみると案外気になりません。

 

その対策のデメリットは?

いずれに関しても「治らない」ということです。

私の場合は全く治ることなく10年近く悩まされています。

 

こんなに痒みに悩まされても産婦人科では「問題ない」と言われましたし処方された軟膏は一時的にでさえ痒みは収まりませんでした。

軟膏ですので多少乾燥はしにくくなったかもしれませんが…。

 

フェミニーナ軟膏も痒みが収まるのは一時的です。

数時間も経てばまた痒くなりますし、軟膏が固まったのかカスみたいなものも出てきます。

何かしら対策が見つかればいいのですが、未だに「コレ」という対策は見つかりません。